永久脱毛

永久脱毛とは

 

永久という言葉を、そのままずっと永遠にという意味にとらえると、一度脱毛すると、もうその部分からは一生毛が生えてこないと思いがちです。

 

しかし、残念なことに「永久脱毛」は完全に毛がなくなり、もうムダ毛を一生気にせずに済むということではありません。

 

永久脱毛の定義

 

永久脱毛とは「ある程度の期間、毛が少ない状態を維持することができる方法のこと」という定義があります。

 

1958年アメリカの電気脱毛協会という団体が「脱毛の施術が完了してから1か月後の時点で、毛の再生率が20%以下の場合」を永久脱毛と定義づけたのが始まりで、永久といっても一生ということは当初より意味していないのです。

もちろん、脱毛する部位やそれぞれの毛の生え具合などによって、個人差があるので、ほとんどムダ毛が目立たなくなることもあります。1本もムダ毛がないことと考えるか、目立たなくなればよいと考えるかで、永久脱毛の完了についての捉え方が違います。

 

脱毛方法の種類

 

脱毛方法は、大きく分けると光(フラッシュ)脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛の3種類あります。まずはそれぞれの脱毛方法についてご紹介します。

 

光脱毛とは

 

光脱毛はエステサロンで行われている脱毛方法です。

 

メラニン色素(黒色)に反応する光を照射して、毛根と毛乳頭に熱ダメージを与えていきます。

 

毛乳頭とは毛を発生させたり成長させたりする部分であり、この毛乳頭にダメージを与えることで減毛・抑毛の効果が期待できます。

 

毛周期に合わせて定期的に施術を繰り返せば、徐々にムダ毛が薄く細くなっていきます。

 

「SSC(スムース・スキン・コントロール)方式」や「IPL(インテンス・パルス・ライト)方式」などと紹介されている場合がありますが、これらも全て光脱毛に分類されます。

 

レーザー脱毛とは

 

レーザー脱毛はクリニックで行われている脱毛方法です。

 

医療用機器を使用して施術を行うため、この脱毛方法は医師がいるクリニックでしか取り扱うことができません。

 

光脱毛と同じようにメラニン色素(黒色)に反応する光を照射していくのですが、照射パワーが強いのが特徴です。

 

光脱毛の効果は“毛根と毛乳頭にダメージを与える”レベルですが、レーザー脱毛なら毛根と毛乳頭を破壊することが可能です。

 

そのため、光脱毛よりもムダ毛の再生率がかなり低い状態にすることができるのです。

 

ニードル脱毛とは

 

ニードル脱毛は、毛穴に入れた針に電気を通して毛根を死滅させることでムダ毛を生えなくさせる脱毛方法です。130年の歴史があり、脱毛効果も認められています。

施術したその場で確実にムダ毛を無くすことができるのですが、時間がかかる、強い痛みを伴う、料金が高額などデメリットも多いため、現在では一般的な脱毛方法ではありません。

 

ニードル脱毛はその場でムダ毛を抜くので終わった直後からムダ毛の無いツルツルの状態になれます。また生えてくる可能性もあるのですが、施術直後〜数週間はツルツルです。

 

でも、むだ毛がなくなるのはうれしいのですが、施術直後から毛穴が炎症みたいな感じになってひとつひとつがポツッと赤くなるんです。ムダ毛が多い場所を施術したら炎症が繋がって全体的に赤くなります。かゆみを感じたり、かさぶたができることもあります。

 

永久脱毛はレーザー脱毛とニードル脱毛だけ

 

3種類の脱毛方法のうち、永久脱毛と言えるのはレーザー脱毛とニードル脱毛です。

 

具体的に言うと、医療脱毛はムダ毛が再生する可能性はありますが「永久脱毛の定義」に当てはまる脱毛方法です。ニードル脱毛は、施術した毛穴からは毛が生えませんので、永久に毛が生えない唯一の脱毛方法です。

 

エステサロンで行っている光脱毛はあくまで毛乳頭へダメージを与える減毛・抑毛にとどまるため、永久脱毛と言えるほどの効果は証明されていません。

 

永久的な脱毛効果を得るにはどうしたらいいの?

 

 

光脱毛の場合

 

光脱毛は永久脱毛とは言えませんが、施術回数を重ねれば半永久的な脱毛効果を得ることができます。

 

一般的には、10〜12回ほど施術すればムダ毛のお手入れがかなり楽になり、12〜18回ほど施術すれば自己処理がほとんど必要ない状態になると言われています。

 

徹底的にムダ毛を無くしたい方は、気になった時にいつでも通える回数無制限コースをおすすめします。

 

どこの脱毛サロンでも18回コースを契約すると大体30万円ほどかかってしまいますので、回数無制限コースを選んだほうが断然お得です。

 

レーザー脱毛の場合

 

医療脱毛は「永久脱毛」と言える脱毛方法ですから、光脱毛よりも少ない施術回数で高い脱毛効果が期待できます。

光脱毛は12〜18回ほど施術が必要なのに対し、医療脱毛であれば5〜8回で満足な効果が得られると言われています。

 

料金はエステサロンよりも高めですし、施術時の痛みも強いというデメリットがありますが、早く効果を実感をしたい方にはレーザー脱毛がおすすめです。

 

永久脱毛の平均費用を比較した結果

 

 

脱毛サロンの光脱毛の場合


全身脱毛

 

        銀座カラー      197,650円/回数無制限 
        キレイモ      114,000円/6回
        ミュゼ      126,000円/6回
        TBC      176,100円/6回
        エピレ      176,100円/6回
        コロリー      171,000円/6回

 

全身脱毛のオススメ
脱毛し放題!月額6,800円の銀座カラー

 

クリニックの医療レーザー脱毛の場合

 

全身脱毛

 

      リゼクリニック       298,000円/5回
     アリシアクリニック       347,100円/5回
      湘南美容外科       435,370円/5回
     新宿中央クリニック       450,000円/5回
     レジーナクリニック       189,000円/5回
    青山ジュエルクリニック       528,000円/5回

 

全身脱毛のおススメ
全5回コース月々8,900円のレジーナクリニック

 

 

まとめ

 

全身脱毛の場合、料金は15万〜45万円と幅広く、どこで脱毛するかによって費用には違いがあります。

 

クリニックの場合は、5回〜6回でかなりの脱毛効果が感じられるのに対し、脱毛サロンの光脱毛の場合、6回ではほとんどの人が脱毛完了とは言い難い状況です。

 

実際には12回以上、毛量が多い人だと18回ほどの施術が必要とされていますので、脱毛サロンの場合脱毛完了までには2〜2.5倍の費用が必要になってきます。

永久脱毛を考える場合には、「ムダ毛を一生気にしないで済むわけではない」ということを知った上で、それぞれの特徴や医療レーザー機器の特徴をおさえ、うまくクリニックやサロンを選択してください。