脱毛に適した時期

脱毛を始めるのに適した時期は…

脱毛を始めるのに適した時期はいつ頃と思いますか? 

一般的に、脱毛を考え始められる時期は5、6月頃が多いといわれています。「夏に向けてそろそろ薄着になるから」という理由が多数を占めていると思われます。果たしてそれは本当なのでしょうか?

 

実は初夏って脱毛を始めるのに適した時期ではなかったりします。なぜかというと、脱毛は1度やれば綺麗になる、というわけではなく脱毛の間隔も最低でも2ヶ月以上置いて5回ほど施術する必要があるからです。寧ろこの時期に施術するといろいろと不都合な点が出てきます。

 

最も重要なのが脱毛期間中の肌の状態です。施術後は肌がとてもデリケートになっているので、なるべく刺激をさけたいところです。ところが、夏になると紫外線も増えますし、どうしても日焼けをしてしまいます。

 

それからもし、日焼けをしてしまった際に施術を行うと、黒いメラニンに反応する光によって痛みが増してしまうケースもあります。ではいつが脱毛に適した時期なのでしょうか?各季節ごとの脱毛の注意点を解説していきましょう!

 

春から始める脱毛サロン!一般的には人気の時期だが…

 

 

新しい生活のスタートと同時に脱毛サロンへ通い始める方も多いのではないでしょうか?春は暖かくなってきて、これからどんどん薄着になる季節。脱毛でムダ毛のお手入れを始めるにはぴったりの時期です。今回は春に脱毛を始めるメリットと、気をつけたい注意点をご紹介します。

 

春から始める脱毛のメリット

夏までに少しでもキレイな肌になれる

 

脱毛は最低でも6回以上かけてツルツルを目指していくので、春に始めても夏までに完全にキレイにするのは無理ですが、自己処理の回数が減るから去年よりもキレイな肌で夏を迎えられます。

また、施術後2〜3週間でムダ毛が抜け落ちるので一時的でもツルツルの肌でいられます。海やプールへ行く予定があるなら、その1か月ほど前に脱毛サロンへ行くのがおすすめです。

 

乾燥や日焼けの心配が少ない

 

脱毛サロンではトラブルを予防するために、肌が乾燥していたり日焼けして肌色が変わっていると施術ができません。春は冬と違ってひどい乾燥をしにくく、肌の色が変わるほどの日焼けはしないので、初めての脱毛が挑戦しやすい季節です。

 

施術中も寒くない

 

脱毛の施術は裸にラップタオルを巻いて行います。そして冷たいジェルを乗せて照射し、ジェルをふき取った後は冷たいタオルなどで施術部位を冷やして赤みやほてりを取り除いていきます。

 

中は暖かいので震えるほど寒くはありませんが、一通りの施術が終わった後は体が冷えてしまっています。冷え性の方や冷たいのが苦手な方も、春なら施術しやすいです。

 

ただ、夜はまだ寒いので仕事帰りにサロンへよる時は1枚羽織るものを持っていくのをおすすめします。

 

春の脱毛で気をつけること
・保湿ケア
春はまだまだ乾燥する日もあり、花粉や黄砂で肌荒れしやすい季節です。油断せずにしっかり保湿ケアをしていきましょう。特に敏感肌の方や肌が乾燥しやすい方は、保湿クリームを塗るのを日課にするのがおすすめです。うるおいのある肌は紫外線のダメージにも強くなり、脱毛効果も出やすくなります。

 

・紫外線対策
4〜5月は1年の中でも最も紫外線量が多く、目に見えて日焼けしなくても肌はダメージを負っています。手足が服で隠れていれば大丈夫ですが、露出する時は日傘や日焼け止めで紫外線対策をしましょう。

 

夏に通う脱毛はどんなことに気をつければ良いの?

 

 

夏になると腕や足の露出が増えるだけでなく、海やプールなどのレジャーのお誘いもあってますますムダ毛が気になりますよね。

 

女性なら誰でも考えることは一緒で、脱毛サロンが最も混む時期は夏です。夏に脱毛サロンに通い始めるメリットと、自宅のスキンケアなど気を付けるべき点をご紹介します。

 

夏の脱毛サロンはアフターケアもしっかりと

来年の夏にはツルツル肌になっている

 

エステサロンの脱毛では、大体6回で「自己処理が楽になる、必要ないほどツルツルになる」と言われています。夏から始めると、2か月に1度通ってちょうど来年の夏にはツルツルの肌になっていると思うとモチベーションも上がりますよね。

 

また、2〜3週間するうと施術した部位のムダ毛が抜け落ちるので一時的にツルツルの肌を体験できます。次の毛が生えそろうまでは自己処理もすごく楽ですし、いつもは遠慮するようなファッションにも気軽にチャレンジできるようになります。

 

乾燥を気にしなくて良い

 

冬からしばらくたって、お肌の乾燥状態もかなり改善されている季節です。引き続き保湿ケアは続けている方が良いですが、冬ほど乾燥を気にしなくても大丈夫です。乾燥肌で脱毛できるか心配という方は、夏から始めるのがおすすめです。

 

施術中寒くない

 

夏ならラップタオル1枚で冷たいジェルを乗せられても全く寒くないですし、むしろ涼んで気持ち良いくらいです。冬はジェルやお冷やしのタオルが冷たくて辛いという方も多いので、冷え性の方にとっては夏の脱毛は冷えを気にせず済む良い季節ですね。

 

夏の脱毛で気を付けること
・紫外線対策は徹底的に!
脱毛サロンのフラッシュ脱毛は黒い色に反応する光を利用してムダ毛に働きかけています。日焼けで肌が黒くなってしまうと、ムダ毛だけでなく肌にも反応して、強い痛みを感じたり、場合によってはヤケドや赤みといったトラブルが表れます。

 

サロンではトラブル予防のために日焼けしていると施術をしないようにしています。ギリギリ施術できたとしても出力を落とすので、脱毛効果も弱くなってしまいます。夏に脱毛サロンへ行く予定なら日焼け対策はしっかりやっておきましょう。

 

また、脱毛後は肌が敏感になっているので負担になる日焼け止めは使えません。できるだけ長ズボンをはいていったり、日傘やアームウォーマーを持って紫外線があたらないように工夫しましょう。

 

次の夏に向けて秋冬から脱毛サロンに通う

 

 

どうして脱毛サロンは秋冬に始めると良いの?夏も終わって少しだけムダ毛が気にならなくなる秋冬は、実は脱毛を始めるのに一番良いタイミングだって知っていましたか?秋冬に脱毛を始めるメリットと、注意しておくことを紹介します。

 

秋冬から脱毛サロンへ通うメリット

予約が取りやすい

 

脱毛サロンが一番混むのが露出が増えてムダ毛が気になる夏です。秋冬は多少服で隠せるようになるので新規のお客様が減って、希望の日時に予約が取りやすくなります。

 

次の予約もスムーズに取れるので、毛周期に合わせてしっかり脱毛でき脱毛効果の高くなります。できるだけ早く脱毛を完了したい方は秋冬から脱毛を始めましょう。

 

日焼けを気にしなくて良い

 

春夏は日差しが強く紫外線対策をしっかりやる必要がありますが、秋冬ならそれほど紫外線は気にしなくても大丈夫です。

 

フラッシュ脱毛はムダ毛に含まれるメラニン色素に反応するので、日焼けした肌で施術するとヤケドなどの肌トラブルのリスクが高まります。うっかり日焼けして施術ができなかったという方も少なくありません。

 

夏はよく出かける、レジャーで日焼けする確率が高い人ほど秋冬から脱毛サロンへ通い始めるのがおすすめです。

 

来年の夏にはツルツル肌になれる

 

2か月に1度脱毛に通えば、10月から脱毛を始めても来年の夏までに5〜6回脱毛ができます。6回というと、自己処理がかなり楽になり毛質も薄く目立たなくなってくる頃です。

 

ちょうどムダ毛が気になる季節にツルツルの肌になれます。また、自己処理の回数がぐっと少なくなることで肌自体がキレイになっています。

 

脱毛サロンが空いている時期なので毛周期に合わせてしっかり通え、脱毛スケジュールが立てやすいです。

 

秋冬の脱毛で気を付けること
・保湿ケアを徹底する
フラッシュ脱毛は光の熱を利用してムダ毛にダメージを与えています。乾燥した肌は熱が伝わりやすく、ヤケドや赤みなどの肌トラブルが起こりやすくなります。そのため、乾燥がひどいとせっかく脱毛サロンに行っても施術ができない可能性があります。

 

自己処理の後は必ず保湿ケアをするようにして、できれば毎晩お風呂上がりにボディクリームなどで肌を保湿してあげましょう。どうしても乾燥してしまう場合は、自己処理の頻度を落としたり、カミソリや毛抜きはやめて電動シェーバーを使いましょう。

 

電動シェーバーは肌に直接刃が触れないので乾燥予防にぴったりです。

 

脱毛におススメの時期は秋〜冬

 

また、脱毛施術後はあまり自己処理しないほうが良いといわれています。なので薄着になってから施術してしまうと、もし産毛が生えてきてもなるべくそのままにしておくことをすすめられます。

 

しかしその通りにすると、結局手足が産毛だらけになってしまう可能性があり、これを薄着の間放置しておく必要が出てきてしまうのです。そうなると何のために脱毛したのかわからなくなってしまいますよね。

 

そういった理由で、おすすめする時期は逆に秋〜冬です。この時期であれば、服でお肌が隠れますので、紫外線や日焼けの恐れも減ります。つまり、夏のデメリットはすべて解消できるといえます。