家庭用脱毛器のフラッシュ式とレーザー式の違い

家庭用脱毛器のフラッシュ式とレーザー式の違い

 

家庭用脱毛器のフラッシュ式とレーザー式の違いとは?

 

 

好きな時間に場所を選ばず、ムダ毛のお手入れができる

家庭用脱毛器は、フラッシュ式とレーザー式にわかれています。どちらも業務用と仕組みは同じで、フラッシュ式はインテルパルスライト(IPL)、レーザー式はレーザーの光エネルギーを使って毛根にダメージを与えます。自宅で自分の都合の良い時間に脱毛の施術が行えます。

 

近年では家庭用も性能が向上していて、業務用との性能の違いはほとんどありません。フラッシュ式で人気が高い機種はは潟Gムロック/ケノン・ヤーマン社/レイボーテ・グランデ・潟鴻塔oード/ヒカリエピプロ・褐注Nコーポレーション/エピナード、レーザー式で人気が高いのは米国製のトリアです。

 

家庭用脱毛器の特徴

共通するメリット

 

好きな場所や時間に自分で施術できる
脱毛サロンで予約をすると決まった時間を拘束されますが、家庭用の場合は自由に施術時間が設定できます。

 

脱毛力が実感できる
高性能のものが増えているため、きちんとした脱毛効果が得られます。

 

痛みが少ない
施術前後にしっかりとクーリングを行えば、痛みはほとんど感じません。

 

デリケートゾーンの照射も恥ずかしくない
自分ひとりの空間で施術ができるため、どんな部位でも恥ずかしい思いをせずに済みます。ただしIライン、Oラインは照射対象外の商品が多いです。

 

1ショットのコストが低価格
脱毛サロンで施術するよりも、価格がかなり手頃な価格になります。

 

フラッシュ方式のメリット

 

照射面積が広く施術がスピーディ
照射ヘッドが交換できる商品もあり、部位に合わせてサイズ変更できるので、打ち漏れをしにくいです。

 

美顔器として使える機種もある
脱毛だけではなく、フォトフェイシャル(美肌)機能が使える商品もあります。

 

レーザー方式のメリット

 

レーザー方式は照射面積が狭いが脱毛効果が高い
レーザー方式のトリアは脱毛効果が高いため、太い毛や濃い部分に適しています。

 

 

家庭用脱毛器の注意点

・脱毛器の出力や使用頻度など、説明書のルールを守って使いましょう。

 

・施術前には剃り残しがないように、丁寧なシェービングが必要です。

 

・背中やうなじなど、見えない部分は照射がしにくいです。

 

・日焼けをしている時は使用してはいけません。

 

・色素の濃い部分(ニキビ跡・シミ・ホクロ)には使用してはいけません。

 

・生理中・妊娠中・授乳中はホルモンバランスが崩れやすいため、使用を控える方が好ましいです。

 

・施術前後にクーリングを丁寧に行いましょう。

 

・初回本体購入価格が高額で、追加でカートリッジの購入が必要になるので、メンテナンス費用も考えましょう。