需要の高いひざ下脱毛

エステで1、2位を争うのはひざ下の脱毛

エステサロンでは全身のあらゆる部分が脱毛できます。利用者のうち、一番脱毛を希望する部分とはどこでしょうか?

 

最近の調査では、ワキとひざ下に人気が集中しています。

 

大手のエステサロンでは3位以内にひざ下がランクインするという人気で、両ワキと同様に定番の箇所となっています。スカートが好きな女性なら、ひざ下というのは1年中気になる部分であり、特に春から夏にかけて薄着をするシーズンは一気に露出と心配が増えますよね。

 

今年の夏も、具体的なサロン名は出せませんが、駆け込み需要で利用者が激増したそうです。激増した理由のひとつに、サロン側が顧客ニーズを先読みして破格のプランを提供したこともあります。

 

薄着になる前に駆け込むのではなく、脱毛するなら秋冬がおすすめです。

 

夏前だと利用者が殺到して予約が取りづらくなってしまうからです。ゆっくりと秋冬から時間をかけて準備しておくことで、焦る必要もなくなります。

 

 

自己処理だと肌荒れや埋もれ毛の原因を誘発

 

ひざ下を自分で処理しているという方も多いのではないでしょうか。他の部分と比較すると伸びるスピードが早く、中にはお風呂で処理したのに、翌日にはチクチクの状態になってしまう方もいるようです。

 

自己処理の定番であるカミソリは、肌の角質を削ってしまうため肌荒れの原因となり、毛抜きで抜くと毛が皮膚の中で伸びてしまい埋もれ毛の原因となってしまいます。

 

つまり、自己処理はデメリットばかりと言えるのです。若いうちは傷の回復力もあるので大丈夫と思っていも、後々シミやくすみという形でダメージが出てくることもあります。自己処理は手軽ですが、やはりそれなりのリスクがあるということです。

 

リーズナブルに通おう

 

このサイトでも紹介していますが、今は様々な料金プランがあるので、初回プランを上手に利用するなどしてリーズナブルに通うこともできます。

 

リーズナブルとはいっても、確実な効果を得るための回数(8回〜12回)を通うとすると、合計で数万円単位の出費となりますので、当然ですが自己処理より出費は格段に増えます。

 

ずっと自己処理を続けて問題ないという方は良いのですが、少しでもトラブルになったことがある方は、プロの施術を受けてみるのも良いと思います。処理後の違いを実感できるはずです。