脱毛に適した服装

ひざ下脱毛に適した服装は?

はじめて脱毛サロンにひざ下脱毛をしに行く時は、どんな服装で行けばいいのか迷う人もいらっしゃるでしょう。それでなくても未経験の脱毛サロンは、施術の日までに色々な不安が膨らみます。誰だってひとつでも不安をなくしておきたいと思うものです。

 

そこでひざ下脱毛をする時に、どんな服装をしていけば理想なのかをご紹介したいと思います。

 

 

脱毛サロンでは着替えを準備しています

 

着てきた洋服を施術中に汚さないようにするために、脱毛サロンでは着替えを準備しています。ラップタオルのような前開きタイプ、羽織るガウンタイプなど、サロンによって若干形は異なります。

まれに着替えを準備していないサロンもあるのですが、その場合施術中はタオルをかけて施術を行います。ひざ下脱毛には関係はありませんが、Vライン脱毛やVIO脱毛をする時のために、使い捨ての紙ショーツも準備されています。

 

 

ひざ下脱毛に最適な服装は?

 

ひざ下脱毛だけをする場合、ひざから下が露出しやすい服装なら着替えをする必要がなく、手間がかからないのでおすすめです。スカートなら裾をめくるだけで簡単にひざ下が出せるので、施術を始めるまでに時間がかかりません。着替えの時間を省けるので「スタッフを待たせる」と焦らなくてもいいのです。

 

施術中に背面のふくらはぎを出しやすい、足を動かしやすいという事から、スカートのタイプとしてはひざ丈より短めのフレアスカートが一番望ましいです。

 

 

ひざ下脱毛でNGな服装は?

 

もしパンツスタイルやジーンズで行ったとしたら、必ず脱がないといけないので着替えをするのが面倒です。もしガウン等の着替えが準備されていない脱毛サロンの場合は、ベッドの上でタオルをかけてもらうまでは、ショーツ姿のままというのも恥ずかしいものです。

 

そのためひざ下脱毛をする時は、パンツスタイルやジーンズで行くのは避けましょう。

 

それに脱毛の施術をした後は肌がデリケートになりやすく、硬い素材の洋服と肌が擦れて負担がかかるのも望ましくありません。もしひざ下の肌に洋服の生地が触れる場合は、柔らかい素材のものを選びましょう。

 

ショートパンツも着替えをする必要がないので便利ですが、もし施術の予約が日中の場合は、帰りにひざ下の肌が紫外線の悪影響を受ける可能性があり、肌トラブルのリスクが高まります。ひざ下脱毛をすると施術中は光脱毛の光の熱で、施術の後は外部からの刺激が原因で、すぐに肌が敏感に反応してしまうという事を覚えておきましょう。