鼻の下

かなり目立つ鼻下のムダ毛! 脱毛して彼との接近戦にも自信がほしい!

人と対面する時に、一番に相手に見られる部分はもちろん「顔」です。

 

その中でも顔の中心部分にある「目」や「鼻筋のライン」、「鼻の下」「口元」と言えば、視線を集めやすい部分です。その時に必ず気になるのが「鼻の下」。特に産毛が濃い女の子は、鼻の下の産毛をチェックされていないかヒヤヒヤしちゃいますよね。

 

みんなどうやって鼻の下の産毛のお手入れをしているのかな?
男性との接近戦にも、怖気付かずに近付ける自信が持ちたい

 

こんな風に思っている女の子のために、鼻の下の処理方法についてご紹介をしますから、ぜひ最後までご覧くださいね。

 

 

メジャーな処理方法は「T字カミソリ」だが…

 

カミソリでの産毛処理は、どんなに丁寧にしたとしてもお肌にとっては大きな負担。鋭利な刃物で産毛を剃り落とすわけですから、当然鼻の下の皮膚も一緒に削ってしまいます。

 

これが「肌荒れ」や「くすみ」などの原因になります。せっかく鼻の下の産毛を処理したのに、お化粧をしてもその部分だけ粉ふきをしたり、その部分だけ黒ずんで見えたりしてしまうわけです。

 

体の中でも顔の部分、その中でも目や口の周りは特に皮膚の薄い部分で、カミソリの刺激はかなり負担になります。

 

失敗をして傷口を作ってファンデーションを塗っても傷を隠せず、治るまで恥ずかしい思いをしたことのある人も多いのでは?

 

また、、浴室に放置したカミソリには雑菌が繁殖しやすく、傷口から雑菌が侵入して化膿してしまうケースもあります。カミソリを濡れたまま放置すると劣化も激しいので、傷口を作るリスクが高まります。

 

カミソリでできるだけ負担をかけずに、鼻の下の産毛を処理するには?

 

 

・カミソリを清潔に保ちましょう(湿気の少ない場所に保管)
・最低でも2週間に1度、刃を取り替えましょう
・剃る前に肌を温め、柔らかくしてから剃りましょう
・シェービングクリーム・フォームを使いましょう
・逆剃りは負担がかかるので避けましょう
・アフターケアで保湿を心がけましょう

 

よりキレイに産毛を処理するなら脱毛サロンで部分脱毛!

部分脱毛ができる脱毛サロンでは、「鼻の下」の部位をセレクトしてお手入れをすることができます。

 

お手入れの回数を増やす事に自己処理の回数も減少して、肌荒れ・くすみなどの悩みも解決ができます。比較的小さな部位ですから料金も手頃で、気軽に鼻の下の脱毛を始めることができます。

 

何回お手入れに通えば効果が実感できる?
太いムダ毛がしっかり生えている部分よりも、鼻の下のような「産毛」の方が結果が出にくいのが現実です。

 

個人差は当然ありますが、薄くなってきたと実感できるには5〜6回のお手入れが必要で、脱毛位が完了できるまでには12〜18回程度のお手入れが必要になります。

 

   鼻下だけ部分脱毛 ミュゼ」「TBC」「エピレ」「リンリン
    まとめて脱毛 脱毛ラボ」「エタラビ」「ジェイエステ
     全身脱毛 キレイモ」「シースリー」「ラ・ヴォーグ

 

自分のニーズにあった脱毛サロンを選んで、男性との接近戦でも怖気付かずに近付ける、産毛のないキレイな鼻の下の肌に仕上げましょう!