ひじ下

ひじ下脱毛はお手軽です

「ヒジ下」と言えば、長袖の季節でも袖まくりをして素肌が露出する機会が多い部分です。そんなとき、誰の前でも自信を持って両腕を出せますか? 仕事中でも、休日のデートのときにも、ちょっとしたきっかけで両腕の肌はさらされやすいもの。

 

手早く処理したいからといって入浴時にボディソープをつけて、T字のシェーバーを使ってジョリジョリ剃ったりしていませんか?

 

この方法だと剃った当日はキレイなのですが、数日したら生えかけのムダ毛は毛穴で黒くポツポツ目立って結構汚いのです。また頻繁に処理を続けることで、肌荒れがひどくなって鮫肌状態になったり、カミソリの負担で色素沈着も起こしかねません。

 

いつでもどこでもムダ毛のないキレイなヒジ下で袖まくりができるように、ヒジ下のムダ毛のお手入れを始めましょう!

 

 

ヒジ下脱毛を始めるなら「秋〜冬」がおすすめ!

 

脱毛サロンで脱毛を始めるのに、最適な季節は実は「秋」〜「冬」。実は脱毛サロンでの光脱毛の施術を受けるとき、「日焼け」は絶対にしてはいけない禁止事項です。ヒジ下は季節によっては露出することが多く、紫外線の影響を非常に受ける可能性が大なのです。

 

なので、紫外線が強くなる初夏から夏よりも、日焼けのリスクが低くなる秋から冬がおすすめというわけ。

 

光脱毛を受けている時に、日焼けをしてはいけない理由は?

肌トラブルのリスク
光脱毛はムダ毛の黒色に反応をさせて、熱を加えて処理をする方法です。肌色が日焼けをして黒くなると、肌トラブルの可能性が高くなり、脱毛マシンの威力を上げられなくなります。

 

乾燥のリスク
紫外線を浴びることで肌が乾燥しやすくなり、施術の際に痛みを感じやすくなります。

 

デリケートな肌を守る
光脱毛の施術を受けても日焼けをしても、肌がとてもデリケートになります。施術当日には、「飲酒」「入浴(軽くシャワーは○)」「運動」など、体温を上げる行動も禁止です。

 

光脱毛をすることで、肌はとてもデリケートになります。日焼けをしてコンディションが良くない肌に光脱毛の刺激を与えると、赤味・腫れ・火傷のリスクが高まります。肌コンディションが良くない場合は、脱毛サロンで施術を断られることもあるので要注意です。

 

秋から冬は紫外線量も少なく、ヒジ下は長袖で紫外線から守られています。施術当日だけではなく、施術の前後も日焼けには配慮をして、普段から日焼けをしないように心がけましょう。

 

「腕全体」の脱毛プランでまるごとキレイにしよう

 

ヒジ下と言えば、ムダ毛の処理も意識の高い部分ですが、ヒジ下だけで大丈夫? 腕の脱毛部位を見てみると、「ヒジ下」「ヒジ上」「手の甲と指」、3部位も脱毛をしないといけません。

 

ヒジ下だけムダ毛をキレイに脱毛しても、指毛がボーボー、二の腕にワサワサと産毛が生えていては結局見苦しいのです。そこでおすすめなのが「セットプラン」、まとめて脱毛をすることで料金がおトクになります。

 

 

腕の脱毛におすすめのサロン

 

   
 ジェイエスステ
 腕2箇所プラン

 

 

 

 両ひじ下+両手の甲&指×4回 18,000円


  銀座カラー
 腕全体セット

 

 

 

 両ヒジ上、両ヒジ下、両手の甲・指 回数は自分で設定

 

 

もっと欲張って、腕以外もおトクに脱毛したいなら

 

ミュゼプラチナム

 

 

 

全身美容脱毛コース・ライト


エターナルラビリンス

 

 

 

全身10部位・脱毛し放題プラン

 

 

  脱毛ラボ

 

 

選べる12ヶ所・オーダーメイドプラン

 

上記のプランもおすすめです。ぴったりな脱毛プランで黒いポツポツが目立たない、いつでも腕まくりができるツルスベなヒジ下にしておきたいですよね。